IKESHO CO.,LTD.

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.042-795-4311
トップページ > レシピ紹介 > 伊藤幹雄先生

伊藤 幹雄先生ピッコリーノ

自分で作る天然酵母パン

材料  <レーズンの汁>            
 オーガニック乾燥レーズン 
 100g
 水 200g
 グラニュー糖 2g 
<パン生地>  
 国産小麦 400g  レーズンの汁 40g
 自然塩 6g  水 184g

 

<種お越し>
①広口のガラス瓶を熱湯消毒してかわかし、オーガニック乾燥レーズン100g、
20℃の水200g、2gのグラニュー糖を入れ軽くかき混ぜる。

②蓋をして平均気温20℃~25℃のところに3~4日置き、
1日に1回蓋をあけて様子を見る。

③3~4日してレーズンの甘みが消え、液が甘くなったらザルにあけ、
液だけを取る。

<生地の仕込み>
①国産小麦粉400g、レーズンの汁40g、自然塩6g、水184gをデロンギキッチンマシンに移し、
低速でこねる。
②生地がまとまり、薄く伸びるようになったらクリアケースにとり、表面を平らにして、
20℃の所に約、12~13時間置くと、生地が約3倍にふくらみ、上面に少しへこみが出てくる。

③生地を取り出し200gに分け、生地を細長くしてめん棒で伸ばし、それを三つ折にし、
形を整え天板にのせ、32~33℃に保ち、乾かさないようにする。

④1時間ほどで約2倍に膨らむので、230℃のオーブンで15~17分焼く。

◆使用した調理器具はこちらをご覧ください

ページトップへ戻る



デロンギ キッチンマシン シェフクラシック(KM4000)
 ※現在お取扱いはございません。


プロの方から趣味でこだわりたい方まで、こねる、混ぜる、泡立てるがこれ一台で下ごしらえから仕上げまでこなせます。お手入れも簡単です。



商品に関するお問合せは(株)池商まで
TEL:042-795-4311  e-mail:webmaster@ikesho.co.jp

ページトップへ戻る

ピッコリーノ 主宰 伊藤 幹雄先生ー先生のご紹介ー

プロフィール

1979年、鶴川駅前のパン店を引き継ぐ。 1983年、ホシノ酵母を作った星野明昌氏と出会う。 ナンブ小麦の味を再発見し、以来ホシノ酵母とナンブ小麦でパンを作り続けている。 パン教室、福祉施設などでの指導と通じ、安全で美味しい天然酵母パンの普及につとめている。 経営するピッコリーノでは、予約通信販売。 週一回火曜日のみ、店頭販売をしている。 1986年、パン教室を開く。

お教室のご紹介

天然酵母と国産小麦で作る安全で美味しいパン教室

基礎科 金曜・土曜 本科・研究科 基礎科卒業生対象
パン体験教室 随時募集
先生のためのパン教室など

卒業生は、先生、パン屋さんとして多く活躍中。

著 書

 ▲「ホシノ酵母と国産小麦で作る生きているパン」
朝日出版社
「ホシノ酵母と国産小麦で作る生きているパン〈PART2〉」 朝日出版社 


※レシピ及び画像その他掲載内容はレシピをご提供いただきました先生、並びに(株)池商に権利があります。掲載内容の一切に対して権利を保有するものとし、無断掲載、悪質な盗用などに対しては法的措置も含めた厳しい対応をとらせていただきます。また当内容に関する無断掲載などを見つけた方はご連絡ください。
ページトップへ戻る
Copyright (C) 2015 Ikesho Co.,Ltd. All Rights Reserved.